FC2ブログ

えいがのしょうかい。

 おはようございます。うちのケースが行ってる認知症ディサービスのスタッフの方から、映画の紹介をされていました。みなさんにお伝えするのが遅くなってしまいましたが。。。

映画のタイトルは、
ぼけますから、よろしくお願いします。 (  リンク貼っているので、クリックしてみてください)

大阪でもするんです。11月17日(土)から シネマート心斎橋(アメリカ村ビックステップ4F 06-6282-0815) 監督挨拶が11月23日(祝)だそうです。

監督は、信友直子さんという、テレビのドキュメンタリー番組ディレクターをやってて、自分の乳癌日記を書いてるお方です。

映画の初日、監督挨拶日、忙しくて行けそうにないのですが、映画館に電話して、時間確認して、みに行ってみようと思います。

 の両親はすでに他界しており、両親の老いについて向き合う機会は、残念ですがもうありません。

ただ、日々かかわっているケースの中には、老いていくなかで、家族ではないですが、みんな一緒に認知症と向き合って、困らない生活をおくってもらうために、どうしようと悩んではいるので、考える機会をもらえる映画だと思ってます。

ふ・っ・か・つ

 すいません、ほぼ半年ブログ更新しなくて、仮死状態      になってて。ブログをみていただいている、コアでマニアックな皆様、申し訳ありません。

母ちゃん亡くなったり、長い付き合いをしていたケースが亡くなったり、助成金いただいていた報告書を作っていたり、相続があったり、ま~、仕事でもプライベートでもいろいろある歳になりました。いろいろあった話は、ゆっくりと。

で、最近の裏のノラを。

   暗闇のノラ1    暗闇のノラ2

ノラ、少し認知があるのか、ベロ出してたり、ごはん食べたあとすぐに、お腹すいたとにゃ~にゃ~言ってます。ノラ、飼ってるわけではないのですが、老いて最期を迎えるまで、面倒は見ていきたいと思ってます。

基本、  人間に対しても、獣に対しても、同じ気持ちで。

書きたい内容いっぱいあるので、ブログの更新再開していきたいと思います。

      ふ・っ・か・つ      です。

もすら しいくちゅう。

 うちの訪看のスタッフ、家で  モスラ  飼ってるんです。幼虫からサナギになってるところ、これ「変態」って言うんですね。ちなみに成虫は   カブトムシ    なのだ。
 IMG13302.jpg IMG13332-1.jpg IMG13324-1.jpg
少しグロテスクに気持ち悪く写真とってと訪看のスタッフにリクエストしてます。

 的には面白いんですけど。カブトムシって幼虫で10か月過ごし、サナギで1~2ヵ月、成虫で1~2ヵ月。1年くらいで人生おわっちゃうんだ~と。  小さいときカブトムシ捕まえたことあったんですが、今から考えたら、短い人生なのに、自由を奪ってごめんなさい。

最近、ブログが生き物観察記録ノートになってしまっている…。ちゃんと仕事もしているので、まじめなネタも次回書きます。


後日談; 訪問看護のスタッフからモスラを育てている自分は「変態」ですと言われ、そこまで裏をよんだコメントではなかったことを伝えてます。幼虫からサナギになることを「変態」って純粋に書いたんですが…。うちのスタッフが変態なら、  きっと、ウルトラ & スーパー 変態かもしれないです。自覚してますが、変わらないんだな…これが。

はこいりばばぁ。

 うちの裏にいる野良、今日朝事務所の裏の入口を少しあけてたら入ってきたので、「あんた!のらやろ。のらのプライドもたな!」と怒ってます。で、ノミとりスプレーをかけたら、すごく怒ってました。

その後、うちの裏の枯れたプランターの中におさまってこの顔です。
2018052418280000.jpg

箱入り婆 はこいりばばぁ です。 むだにくつろいでるんですよね。
      2018050812310000.jpg
本当は、こんな感じかわいいんです。ただ、毎日餌をあげてて、「あんた、白髪増えたね~」と思わず声をかけてしまいます。ただ、お利口で、餌あげるとき、お座りできるし、待てができるようになりました。

かわれている。

 裏の野良  に餌をやっているのですが、高齢の猫の餌もいろいろありますね。もちろん、値段でぴんきりなのですが。にゃ~とないて口を開けたとき、前歯が1本ないな…と思ってみてます。猫に入歯はないので、噛みにくかろうと。
  2018050518330000.jpg  2018050518330000.jpg  2018050518330000.jpg
カリカリタイプは歯が悪くて食べれないので、やわらかいタイプのもの、いろんな種類で試しています。食いつきのいいのと、そうでないのと。値段ではないようです。

予算の範囲で、いろいろ試してしまう、そんな自分の性(さが)を感じて思わず苦笑い。

かかわっているじいちゃんたちに、予算の範囲で、少量しか食事とれないので、じいちゃんの好みに合わせて、好きなものをおいしく食べてもらいたくて、食事部分を追及してしまいます。野良であっても、じいちゃんであっても違いなく。

自分が歳をとって、誰かの世話になっても、生きてる限りは自分で買いに行けなくなっても、少しでもいいので、好きなもの食べたいです。

そんなことを思いながら、「にゃ~」となかれ、餌をやっている  【野良に飼われている…】と思わず、共依存に陥ってしまっている自分に気づきます
2018050518310000.jpg 2018050518310000.jpg
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR