fc2ブログ

めいにち。

 昨日 12月8日は  母の命日です。2017年に亡くなったので、丸6年が経って7年目になります。もうそんなに経ったのか…と思います。父はその4年半前。まわりの同年代よりも、 両親亡くなるのはやかったんです。

今年は、 が世話になっている人たちの親御さんが亡くなったときくことが何回か。そういう年代になったんだな~としみじみと思います。

事務所には、 母のつくったものがいくつも転がってます。

  母あみぐるみ1  母あみぐるみ2
編みぐるみいっぱい。 が黄色好きなので、黄色でつくってくれてました。

母クッション
細かく刺繍したクッション。きれいにできないと、納得しない人で、やり直してました。

 父母が生きてるとき、 仕事忙しすぎて、親孝行できなかったな…と思ってます。その分ではないですが、 今かかわっている  の母や父の年代のケースには、今できることをしたいと、産んで育ててくれた  母の命日に思います。


母の命日、野村監督の奥さん、沙知代さんと亡くなった日が同じだったようです。

なんきんむし=トコジラミ(しゃしんあり)

 先にお断りを。虫がダメ人は、このブログは見ないでください

最近「トコジラミ」という言葉を目にしますが、 は「南京虫」と呼んでます。

かゆいな~と思って、最初はダニ、とか、ノミかなって思うケースが多いのですが、
「夜に動く」とか「ゴキブリみたいなのでつぶしたら血が出た」と言われたら、
南京虫(トコジラミ)となり駆除業者さんと一緒に駆除します。

ずっと、トコジラミの仕業と思わず、何年もかゆい思いをした人の畳をあげたら、トコジラミが大量にいて、抜け殻も大量に縁についてました。茶色い丸っこくて平べったいのがトコジラミ(南京虫)です。
        南京虫
駆除業者さんに、駆除前に何をしたらいいのか、紙類など捨てれるものは捨てる、服も洗濯・乾燥するなどおしえてもらいます。そうすることで、できるだけ駆除費用をおさえれます。また、駆除後の注意もおしえてもらって、駆除後再度発生しないようにします。さらに、トコジラミの生態をおしえてもらって、サービス入らせてもらっている私たちが、発見をはやくできるように、被害を最小限にして駆除できるように努力します。

トコジラミ、冬でもいるし、専用の薬剤でないと効かないし、その薬剤も卵には効かないし、なかなかやっかいな奴です。簡単に衣類などについて別の部屋に運んでしまうし。

 も、ここまでいっぱいいる部屋なかなか遭遇しないので、写真を撮って、みなさんにおそろしさをお伝えしました。

ほしいな~。

 実は、小さい頃から    を、いろんな意味でリスペクトしてます。

誰か? ドラえもんです。

のび太君との共依存の関係とか、すごいな~と。
感心するところ、そこかい、って突っ込まれそうですが。もちろん、4次元ポケットも。

で、昨日、本屋さん行ったら、9年ぶりの最新刊!と書かれて、
ドラえもん+(プラス) が出てて、550円買ってしまいました。

中をペラペラ見てて、ほしい道具が。 「猛獣ならし手ぶくろ」

ヘルパーさんや利用者さん、知り合いと話をしていたら、「 そんな手ぶくろいります?素手で大丈夫でしょう」 とか 「 がいう猛獣って何?」 とか。最高齢のお爺ちゃんからは、「 がドラえもん」とうれしいコメントも頂きました。

 みんなにどう思われてるんだろう…。やや不安なコメントの方が多かったです。
ほしいな~ほしいな~むちゃくちゃほしいな~みんなが知っているドラえもん。

ブログ再開します。

 長いことお休みしてましたが、またブログ再開したいと思います。

2年半も休んでしまった。。。

コロナとか、長い間かかわっていたケースが亡くなったり、色々ありました。体力勝負の仕事が続いて、夜ブログ書く体力がなかったのも事実。  白髪も増えて、老眼もすすんで、背骨がすごく歪んでいることもわかったり。老化の一途をたどってます。

日頃顔をみて仕事している方たち、遠く離れた知り合いの方たち、他にもいろいろブログ見てもらっていることがわかり、みんなに、ねぇねぇと話したいこともあるので、再開しようと思います。

ぼちぼちしか更新できないと思いますが、よろしくお願いします。

ころなから おかえり。

 コロナにかかった仕事の知り合いが1ヵ月ぶりに職場復帰しました。

職場復帰して、事務所に自転車で。「コロナから、おかえり」と言って、まず、パルスオキシメータで測定をすると、酸素濃度は91~95%、脈拍120~130あるんです。「苦しい」と言って、しばらくじっとしてないと無理。「これでも軽い方だと言われた」と。

コロナ、最初は微熱があっていったん下がったけど、そのあと、いっきに40℃近い高熱が10日続いて、体調悪いと思ってから検査するまで1週間以上。濃厚接触者になった発熱してない家族に検査キッドが来るまで、また1週間。「………」。熱が高いので寝ても体が痛くてすぐ目が覚めて。「自分が死んだら、子どもたちは…」と考えたと。

あまりにもしんどくなって救急車を呼んで、「コロナ陽性」というと、酸素濃度をはかられて、酸素濃度88だったら、「運ぶ病院がない」と断られる。保健所は「酸素濃度が85%きらないと搬送先探せない」と言われたと。「ホテル隔離」も「すぐは難しいし、隔離であって、治療ができるわけではない」と言われたと。

今の大阪のコロナ禍、これがリアル。

自分はコロナにかからないって、なんでいえるの?

どこで感染するかわからないですが、今、自分ができること、手洗い、うがい、マスク、フェイスシールド、最小限の外出を、気を緩めることなく続ける以外、大事なものを守れないと話しをきいて思いました。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR