FC2ブログ

ゆめ。

 お世話になっている相談支援の方のお子さんから、  ドラえもんが好きなのを知って頂きました。

もらいました

 小さいとき、ドラえもん、つくろうと思えばつくれると信じてました。今、ばぁばぁになったので、つくれるとは思わなくなっちゃいましたけど、もう少し現実的な夢はもっていたいと思います。毎日しないといけないことを、淡々と、コツコツとこなしていけば、夢に近づくことも感じれるようになりました。

たのしくなきゃ

 昨日、このブログを見てくれている、昔から知っているケアマネさん、先日コメントをくれていたのですが、やっとお礼を言うことができました。

ケアマネさんの働いている事業所、なかなか社長が怖くて大変なところなんですが、ケアマネさん自身、腹のくくり方       いい感じで、そこの事業所で唯一困ったとき相談できる、本音で話をしても大丈夫なケアマネさんなのですが、そのケアマネさんから一言

 「いろんなことあるけど、楽しくなきゃ、仕事続けられないですよ」 と。

  まわりの人たちと話をしながら、長年仕事を続けてこれたことに感謝しながら、これからも仕事を長く続けていけたらと思いました。

このしごとをしてて。

 今日、2ヵ月半ぶりにカットに行った。いつも行ってる店で2年以上同じ人を指名している。この人を指名する理由は、あまり何も言わなくても  の気にいったカットをしてくれる。自分のイメージからカットしてくれて、「もんちっちカット」と呼んでます。美容師さんのイメージは、  宝塚歌劇団で出てきそうな盛り具合ですけど。

カットしているときも、  楽しくない会話をしたくないので、黙って寝ているふりをしていること多かったんですが、彼女  の時は違います。仕事内容の話もするし、親の話もお互いする。自分の親が亡くなったときも話をして、彼女  の父親の話もきいて。

今日、父親が大病をかかえていて、在宅で最期をと、彼女  の母が主たる介護者で、彼女  も休みのときは介助しているという話になりました。往診や訪問看護、ディにも行ったり、活用できる社会資源を利用しているけど、直接、なかなかききにくいんで、きいてもいい?と言われ、カットしながらいろいろ話をしました。

入院中に床ズレができて、帰ってきて、食事量増やすために、お母さんが手料理をつくりミキサーにかけていると。お父さんのことで腹がたったら娘のところに電話をかけてきて、その話をきいてあげる娘。お互いがお互いをおもえる、すてきな家族です。

話をききながら、  からは、「困ったら、家に来ている専門家にきいたらいいし、相談したらいいと思うよ。でも、お父さん、何も言わなくても、もしかしたら何も言えないかもしれないけど、身体がお母さんや娘の愛をわかってるよ。幸せな最期を迎えれそうですね」というと、お母さんに電話すると言ってました。

 からも、「カットしてくれて、あと、やる気を少しくれて、ありがとう」とお礼を言った。

この仕事をしてて、仕事の場面だけではなく、人として…、と思える一日でした。

しんじるちから。

 生きてくなかで、仕事の場面でも、仕事以外の場面でも、「どうしたらいいんだろう」「なんでこうなるんだろう」と思う場面は多々ある。

考えても考えても、方向性が見えなくなったり、しんどくなったり、いい方向にすすまないことは、多い。

そういうとき、  相手を信じてみようと思うし 自分のやってきたことを信じてみようと思うし  自身を信じてみようと思う。

それでダメなら仕方がないと思うし、悩まないで前にすすむことを考える。

時々、相手に対しても自分に対しても、信じる力が    してしまうことがある。いつまでも、下を向いてばっかりじゃ、ダメなので、前をむいて歩き出そうと。いつも通り自分のペースで。

げー・げー・げー

 先週の金曜日、いつも精神科の通院同行している病院で、吐き気が止まらなくなり大変でした。笑えないくらい、げー・げー・げー で、こんな感じ   

あまりにも顔色が        で、 途中から、     に  なったため、ケースが日ごろお世話になっている精神科の先生  から、「顔色悪すぎ」と言われ、診察してもらい、結局病院のベットで点滴してもらい帰ってきました。先生、病院のスタッフの皆様、ありがとうございます 

点滴してもらった後も、 げー・げー・げー      その日は一日終わってました。

ただ、熱も出なくて、下痢もしなかったのが救いで、その日(金)と土曜日・日曜日と睡眠時間を少し増やして、少し復活 

 も人間であったことを、自分も含めて再認識。迷惑をかけないように、パワー全開ではなくて、8割で仕事をしなければならないと、年女で干支通りの  猪突猛進  少しスピードダウンです。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR