FC2ブログ

げし。

 日曜日、夕方のご飯を持って行くケース、事務所の上(マンション)に4人います。なので、今日はいつもと違う階から、センターの写真を撮ってみました。
IMG_2846.jpg
今日、夏至だったんですね。19時30分、夕日が沈むところです。今日もかわらず一日が終わります。「かわらなきゃ」って焦っていたコロナの前、そしてコロナ禍で「かわらない」ことの大事さを感じます。

おはな。

 先日、お花をプレゼントしてもらいました。訪看の事務所で飾っているのですが、スタッフから「どうしたんですか?」「このお花の名前は何だったけ?」と言われながら。

IMG_2833.jpg

実は、昨日、人間でいうところの、(50-1)回目の誕生日でした。

お花をくれた、ケースにありがとう。一緒に仕事をしてくれているスタッフにありがとう。一緒にケースとかかわってくれている社会資源のみなさんにありがとう。事務所に遺影と遺骨のある、自分を生んでくれた母ちゃんにありがとう。

いずれの関係も一方向ではない、相互の関係にあることを再認識し、この1年の、みなさんに対する感謝を思う一日でした。

なつかしい。

 週末みんなが帰ったあと事務所に籠って、たまった事務仕事をぼちぼちしてます。なかなか平日できなくて。寝る前の薬を持っていかないといけない人たちが、うちの事務所の上に3人いて、そこの配薬が終わるまでは、帰るわけにもいかないし。ただ、眠い。以前はもう少し体力あったんですが、白髪が一気に増えるとともに、体力もダウン。なので、起きとくためにも、ラジオを結構な音量でながしております。

さっき、配薬に行く前、8時半ごろに、ラジオから懐かしい曲が流れてきました。

Paul McCartney(ポール・マッカートニー)≪NO MORE LONELY NIGHTS≫って曲。結構有名な曲。1985年の頃、中学生になって洋物にかぶれ出した頃にも聞いたし、10年くらい前にも車の中で何度もきいたのを思い出しました。

なつかしい。10年前と想いは変わらない自分がいる。

寝る前の薬も配ったし、雨も降っているので、仕事をやめて、 ほっこりした  気持ちを持って、今日は家に帰ろうと思います。

やみからひきもどしてくれる。

 このまえ、大阪弁でいうところの「へたれ」ブログをあげてしまいました。どこかで「はらのなか」にたまっている「げろ」をはかないと、しんどいな~と、ちょっと人間ぽい気持ちが芽生えてしまって。獣(けもの)なのにって、自分で突っ込みをいれながら。

コロナ禍でできることが限られて、空から「無力」という岩が落ちてくる夢をみて。 自身の精神状態も微妙だなと思っている時に、精神的に調子が悪くなる人も、内科的に調子が悪くなる人もいて、対応に追われて、思考がマイナスになり、奈落の底に落ちていく夢をみて。あきらかに、自分自身が病んでおります。

こんな病んでいる  ですが、闇(病み)から引き戻してくれるのも、利用者です。

利用者の調子が悪くなったけど、はやめに安心できる病院に入院させてもらえたり、入院まではいかなかったけど少しずつ回復してくれたり、退院してきて試行錯誤しているケースがおいしそうにご飯を食べてくれたり。ささやかなことで、やみから少し抜け出せます。でも、ちょっとしたことで、また、やみにもどりそうな自分がいます。

利用者が回復できるのは、主治医をはじめ、ヘルパーさん、サポーティブハウススタッフ、相談支援の方、作業所のスタッフ、あんしんサポート担当者、訪問看護師など、利用者にかかわってくれているみんなのおかげです。そのすみっこにくっついて、今できることを一つずつと。

あぶく。

 最近、こんなクマですが、悩んだり、後悔したりすることが増えました。仕事でもプライベートでも。クマの着ぐるみをかぶった人間なので、人間だったら、誰にでもある気持ちなんだろうけど。コロナの中でさらにそんなことを思うのかもしれません。

仕事でもプライベートでも、話しを直接しなければならない場面で、話しをすることができない。そんなことが増えてきて、ただでさえ、うまく伝わらないことが、さらに伝わらない状況になっています。言いたい言葉が、泡のように消えていきます。

仕事でもプライベートでも、相手があっていろんなことがあります。相手を思う気持ちは変わらないのに、相手に伝えることができません。つらいです。この気持も、いつのまにか泡のように消えて、溶けてしまうんですかね。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR