FC2ブログ

ひとつずつ。

 現在、新しく訪問看護のサービスを入れようと、準備している人がいる。

中度の知的障がいをかかえて、現在、就労B型の作業所に通所している。
通所して1年経ったところだが、最初は週2日から、さらに一日増やして現在週3日。

作業をする能力ではなくて、人になれなくて、すご~く緊張するんですよね。

ずっと、お母さんと二人で長い期間生活していたので、お母さんがなくなって、初めて外の世界に放り出されたって感じです。それだけ、お母さん、大事にしてくれてたんだろうけど、ちょー「箱入り」息子です。障がいを抱えている子どもを持っているお母さんって、周りに助けを求めることができず、子どもを抱えこんでしまって、「箱入り」にしてたのかもしれないなと思います。

生活が困らないようになって、生活が落ち着いて、何かしなくっちゃって自分で思い、作業所に通所するようになって、少しずつ世界が広がって来たんですけど、もっともっと広がる可能性をもっているので、そのお手伝いをしたいなと、ちょっと思ってます。

仕事の部分は、作業所にお任せしつつ、様子をきくようにしています。

で、うちがお手伝いしようと思っているのが、生活部分。就労B型なので、少しはお給料もらえます。そのお給料で、何か買いたいものはないのかな?って一緒に部屋の中を見て考えたり、一人暮らしの中で何か困っていることない?とききました。

最初にしたのは、掃除道具とか、掃除のとき使う洗剤など紹介しつつ、一緒にお掃除して掃除の仕方をひとつずつ覚えてもらいました。

次、布団のしたに敷くマットが、テレビ見るの腰が痛いから座椅子とか、ひとつずつ部屋のものが増えてくる。

で、作業所の担当してくれている方から、「すごく目が悪いのでめがねつくって」という連絡をもらい、作業所のお休みの日でもやっている眼科に行ってます。眼科も、少し人の多いターミナル近くにある眼科にトライ。人ごみになれないといけないから。最初は結構脂汗かいてましたけど、ちょっとだけ慣れてきたころに、めがねやに行って、お試しで度の入っためがねをかけて、「お!よく見える!」と感動の嵐。「こんなに見えるの久しぶり」って。もっと早くめがね作ればよかったねっていいながら、いろいろ手続きを一緒にして、今めがねができるの待ってます。

めがねができて見えるようになったら、次どうする?ってきいてます。最近の若者なので、「みんなが指でしている電話ほしい」と、スマホがほしいと。働きだして稼ぐようになり、社会が広がって、いろんなことがひとつずつできるようになってきました。

で、そろそろ訪問看護の登場かなって思ってます。いろんな人たちがかかわることで、もっともっと社会がひろがって、楽しいことも増えて、できることも増えて、もちろん、できないことも増えるかもしれないし、くやしい思いをすることも増えるかもしれない。でも、「いきる」って、あがったりさがったり、いろんなことがあるから楽しいんですよね。今まで経験した以上に、いろんなこと楽しんでほしい。そのためには、訪問看護、150%必要だと思ってます。

めがねできたら、本人に、今まで、 がやってたことを、引き続き、いやいや、さらに広げていくために、訪問看護部隊に頼むねと話をしようと思ってます。

はたらくかあちゃん。

 訪問看護のスタッフ、お嬢ちゃんが春休みなので、ちょっとお休みを春休みが終わるまでとってます。ほかのスタッフも、子どものこと考えながら、働いています。小さいこどもであっても、大きくなっても、親の気持ちは変わらんもんです。

そんな姿を見ていると、 の母も「働く母ちゃん」で、 の母の母も「働く母ちゃん」だったな~と。「働く母ちゃん」は強しです。

うちの訪問看護、オンコールもないので、夜間帯に呼び出しがあることはないので、夜勤のある病院勤務よりは時間的に自由で、診療所よりはお給料たぶん高いので経済的なところも、さらにはケースのお宅に訪問して自分や同僚と考えながらサービス内容を検討できる実力が試されるところ、いろんなところで、子育てをしている年齢層の「働く母ちゃん」ががんばれる職場なのかもしれない。

ただ、家事と仕事の両立って大変だなって思います。

訪問看護の記録がどうしても帰るまでに入力できないときは、家で入力してもらっていて、申し訳ない限りです。また、他の利用者の記録も、ネットワークごしに見れるので、朝のこんな時間から記録チェックしてるんだ…とか、休みのこんな時間でも記録読んでるんだ…とか、訪看の記録を見ながら、さらにさらに頭が下がります。

子どもの頃、「働くお父さん」をテーマで作文を書くように言われ、「働く母ちゃん」で作文を書いたのを思い出します。もちろん、父ちゃんも働いてたけど、母ちゃんは(商売+家事)だったので。

中学校の頃、 通学途中にアイスクリームを買って食べているのが発覚して、学校から呼び出しされました。母ちゃんに、アイスクリームを食べて見つかったという話を先にしていたので、くまモン母「商売が忙しいから行かない。中学生にもなれば自分のしたことわかるから、わざわざ行きません」と学校の先生に言ってました。そのとき、「働く母ちゃん」ってすごいなって思ったの覚えています。尊敬もしているし、自分も「仕事」一生していけたらいいなと、ガキの頃に思ったもんです。

現在のくまモン母を見ても、訪看部隊のみんなをみても、「働く母ちゃん」は強しです。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR