FC2ブログ

いみづけ。

 訪看のサービスを提供しているケースの受診場面で、本人の話をきいて思った、「意味づけ」をちょっと紹介。

同じことをするにしても、その行動に対して、どのような「意味づけ」をするかで、ケース自身の気持ちの問題がかわってくる、「積極性」とまで言ったら言い過ぎかな…と思うけど、マイナス思考が少し減ることもあるかもしれない。 

例えば、衣類  を購入する際でも、
【衣類がぼろぼろだから春物を買いましょう…】というのと、
【お出かけする際に来ていく春物を買いましょう…】では、
ケースの中での「意味づけ」は異なってくる。

はっきりしていることは、自分だったら、どういう感じで「意味づけ」されたら、いやだなって思ってたことでも、動くかを考えて、サービスを提供することで、いろんなことがかわってくるのかもしれない。

「意味づけ」って言葉とすごくちかい「動機づけ」って言葉でもいいのかもしれないなって思いますけど。

訪問看護が精神科の先生から指示書をもらっているケース、調理なんて絶対しないと思っていたんですけど、最近、調理してます。もともと、食に対するこだわりがあった人なのですが、「おいしいもの食べたい」とか「自分でつくるとおいしいよ」とか、また本人が食べたいものを一緒につくったりとか、一度一緒につくったものは、一人でもつくってもらうとか、思わず、この声かけ  って記録をよみながら思ってしまいます。

訪問看護部隊のみんなが、試行錯誤をしている記録、楽しくよんでいます。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR