fc2ブログ

とうにょうびょうで。

 約1年前、知的障がいで糖尿病を抱えているケースが自室で亡くなるということがあった。その人の時も悩んだけど、知的障がいがあってもなくても、糖尿病は難しい。

2年くらい前から、糖尿病になって、服薬はしているものの、仕事して汗をかくからと、どんなに言ってもジュースを飲み、採血をすると、血糖値が400以上、HbA1cが10を超えている。イライラするからジュースを飲み続けるといいます。

「糖尿病がひどくなって入院になったら、仕事やめれるから、うれしい」なんて不謹慎な発言もしておりました。そのときは、カンカンに怒りました。自分の体や今の生活を大事にできないなら、誰にもかかわってもらわず、一人で生きればいいと。

糖尿病って、自覚症状が出るころには、えらいことになっているので、自覚症状がほとんどない。一つだけあるとしたら、喉が渇くくらいです。

生活費も1500円しか渡してないけど…。ちょっとしたことでイライラして、飲食するか、パチンコで散財するかのどちらか。最初の頃は、保護費の振り込まれる銀行のカードをつくって、お金をおろして行方不明に。また、給料手渡しにしておいて、もらって行方不明に。いろいろありました。でも、一ヶ月くらいしたら、戻ってきます。

そんなケースに対して、糖尿病という病気の自覚ってどうしたらいいんだろう…、と。

自分でコントロールはなかなか難しいので、生活保護のケースワーカーも入ってもらって話をしなければなりません。病気がすすむとどれだけ怖いことになるかという知識もいると思うのですが、それだけでは、なかなか「自覚」って生まれてこないんですよね。

このまま、糖尿病と向き合わないのであれば、今の生活を維持できないということを身をもってわかってもらわないといけないかなと。
具体的には、まずジュースをやめてもらう。それができないなら、食事について、家で配食弁当にするか。もしくは、施設に入所して生活全般を見直すか。

自分でできないのなら、いろんな人たちと相談して、手伝ってもらって、今よりもはるかに息苦しい生活が待っているし、体験してもらわないといけないと思っています。

わーるど。

 実家に帰ると、あみぐるみがころころと転がっていました。家を片付けるとくまモン母がいうので、ちょうだい第一弾。

    あみぐるみ①    あみぐるみ②
    あみぐるみ③    あみぐるみ④
      あみぐるみ⑤

 実家、こういう人たちが転がっている、不思議わーるどがひろがっています。 
  事務所に一部引っ越してきたので、事務所でも不思議わーるどが   

じむしょで。

 最近、思うんですよね。事務所でこんなもの飼っちゃだめでしょって。

     まきへび

なんで、薬の整理棚の柵に、          こんなものまきつけて。

高校の頃に妹が買ったペットが、うちの事務所に現在生息しています。
いや~、なごむは。

きょうは…。

 今日は、GW忙しくて帰れなかったので、少し時間ができたので、実家に行った。

実家に行ったら、入口が花いっぱい。

妹花

もともと商売をしていたので、その入り口カウンターになっているのだが、花だらけ。

で、入口の反対側の棚をみたら、この花が置いていた。
兄嫁花

で、 なぜこんなに花があるのだろう?と思い、  母にきいてみた「なんで、こんなに花多いん?」ときくと、「世間では母の日というやつだからじゃやないのかな。妹や兄嫁から花を毎年送ってもらってる」と。

 思わず、「そうなんや…」と。  ずっと 母の日に何もしてません。

 母から、「あんたは、世間とは違うんやから。自分のペースでやればいい。亡くなったときは、あんたの仕事の段取りのよさが役に立つから、その時はあんたに頼む」と言われました。

 母の一言に申し訳ない思い山盛り。そう思いながら、生きてる間には何もできない親不孝者ですな。

しふくのにじかん。

 昨日、ケースと一緒に、京都の長岡京まで行って筍づくし食べてきました。

お店の予約とるときも、店員さんから「ぎりぎりですね」と言われました。
京都の食事は、ゆっくり、待たされながら食べるので、お品書きを二人でみながら、早く料理出てこないかなと、わくわく。  どきどき。 

                お品書き

            怒涛のメニューだ!
 ①姫皮の梅肉和え、②八寸、③筍の刺身、④吸い物、⑤若竹煮、⑥お寿司
 姫皮梅肉和え 八寸
 刺身 吸い物
 若竹煮 寿司①

おいしそうだね。 くまモン、きゃ~、うまいな。
                 おいしそうだね。

         怒涛のメニューパートⅡだ!
⑥お寿司の中味、⑦バター焼、⑧饅頭、⑨焼き、⑩そば粉揚げ、⑪筍ごはん
 寿司② 牛バター焼
 饅頭 焼き
 揚げ物 ご飯

さいごは、筍のシャーベット。ほのかな甘さでおいしかった。ごちそうさまでした。
             シャーベット

京都の料理、出汁がおいしくて、薄味なのがいいですよね。至福の2時間でした。
ケースと一緒じゃないと、なかなか、おいしいもの食べに行けないので、 にとってもいい気分転換でした。 …と、ブログを書きながら、300円の飯をじっと見てます。現実は厳しいものです。

でも、おいしかったので、今日、  母に話をしたら、亡くなったくまモン父と一緒に長岡京の朝堀の筍食べに行ったと。今度は、このお店、  母と一緒に、鱧の頃に予約をとって行こうと思います。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR