fc2ブログ

はじめのいっぽ。

 新規のケースを紹介され、ケアマネ、訪看管理者、  の3人で診察行きますねと約束。採血してそろそろ診察かなと思って病院に行ったら、本人の姿がない。

どこにいるのか探したら、熱発しているから隔離中。結局、インフルエンザでもコロナでもなく、ただの風邪。少しほっとして。ただ、5カ月前についた病名は、末期の肺癌。。。

抗がん剤治療中なのですが、ヘルパーだけでは…ということで、訪問看護お願いしますとケアマネに言われて、今日で会うの2回目。

沖縄なまりのあるしゃべり方で、「息切れしてしんどいけど、(39℃熱あるけど)よくなるために抗がん剤をしてくれ」と。抗がん剤のおかげで癌は悪くなってないけど、副作用がひどい、と先生説明してくれるけど、先生の話ナカナカむずかしい。

ここで、訪看管理者と    登場、   治療方針、①解熱、②貧血ひどいので輸血、③抗がん剤をどうするか考える で、今一番大事なことは① とシンプルにケースに説明。今週再度通院、その時の様子で②と。理解してくれてました。

診察室を出るときに「応援してくれる人が増えたから」と、主治医に。  そんなふうにおもってもらえることが、うれしくて。やれるところまでやってみよう。
  大丈夫   大丈夫
一人はつらいけど、大丈夫、一緒にいるから、大丈夫。はじめの一歩です。

え~る。

 今の仕事をするようになって四半世紀。今の仕事、主に困窮者支援、で訪問看護事業のお手伝いもさせてもらってます。

最近、釜ヶ崎で働きだした遠い昔を思い出す。もちろんきっかけがあって。

 が日ごろお世話になっている社会資源に実習に来ていた学生さんがいて、大きな声では言えないけど、30歳年下。彼女  と話をして、いろんな意味で非常に気に入ってしまい、実習中に釜ヶ崎のことを話すつもりで、いかにこの地域で仕事が楽しいか熱弁。さらに  大切な社会資源の皆々様に、「一子相伝するから」と彼女  が困るくらいの勢いで紹介をして。四半世紀、釜ヶ崎で働いて、誰かにそんなことをおもうことなかったので、うれしくて。

彼女  その社会資源でアルバイトしてます。なかなかな行動力に拍手 
「西成の沼にはまってる」 ことにも拍手 

彼女  資格取得試験のために猛勉強中。彼女  の存在が、少しくたびれた  に刺激を与えてくれ、初心を呼び覚ます。  何もできませんが、能力もあり努力もする  にエール。一緒に釜ヶ崎で仕事できる日が来るのを楽しみにしてます。

おもうきもち のつづき。

 以前のブログ(おもうきもち。)で書いたケース、その後の続きがあります。

落ち着いているから  毎晩行かなくて、来てくれる人たちに薬のセットを頼んで様子をみてもらっているのですが、当の利用者さんは、「   月末忙しいからな。来れないの仕方ないんや」と訪問した人たちに言い聞かせるように言ってるそうです。

 も不安なので、ほぼ毎日20時前後に、寝る前の薬飲んだ?と電話してます。で、次の日の予定を確認したり。

お互いをおもう気持ちの続き どこまでも続いていきそうです。

いっぽずつ。

 以前 おでかけ② で伏見稲荷頂上まで登れなかったケース、一念発起、生活介護で運動できるところに1月から週1回通いはじめました。

最初見学に行くとき、本人、相談支援、ヘルパー、 みんなで一緒に行って、「 目標があるんです       伏見稲荷一番上までのぼるんです 」と話をして。

実際通いはじめた1日目、心拍数がまた140くらいまであがって苦しくなって大変だったので、自分のペースにあわせて徐々にがんばりましょうと言われた、と通いはじめてからの話を、この前  にしてくれました。

一歩ずつですが、確実に。秋には伏見稲荷のてっぺんまで行きたいな~   

おもうきもち。

12月中頃から精神的にしんどくなったケースがいました。   困窮者支援でかかわるようになって、20年くらい。訪問看護サービスが入るようになって半年くらい。

訪問看護サービスが入りだした最初のころは、薬カレンダーに週2回、1日4回(朝・昼・夕・寝る前)セットしてきっちり服薬できてたのですが。眠れなくなり混乱して、朝・昼・夕の薬は薬カレンダーにセットしたらのめるけど、寝る前の薬を寝る前にのむのが難しい。もちろん薬剤の調整もしてもらいましたが、決まった時間に服薬しないと何もはじまらない。お正月も来るし、どうしよう・・・。

方法は一つしかなかった。  夜の9時くらいに毎日もっていくようにしようと。

そう決めた日から、何も考えず毎日訪問、寝る前の薬眼前服薬、次の日の予定を確認して、「おやすみなさい」の生活がはじまりました。片道自転車で20分くらいのところに住んでいるので、移動時間も含めて約1時間。

お正月も無事乗り越え、眠れるようになり、生活リズムもでき、ほぼ以前のような状態まで落ち着きました。  も毎日自転車で行くのにも慣れたり。ただ、ずっと何年もできるのか?と言われたら難しい。どのタイミングで元の服薬にもどすのか。戻して調子悪くなったらどうしよう・・・と不安に思ったり、  ちょっと葛藤。

昨日、ケースに 調子もよくなったので、毎日訪問してくれる人がいるので、薬セット1日分ずつお願いしようと思う、と伝えてました。寝る前   訪問しないけど、週2回、あと、通院なども含めてくるからねと伝えました。

「毎日、寒いところありがとうな。しんどいときもあったやろ。」と  言われました。

(支援される側)(支援する側) お互いをおもう気持ちがあって成り立つ関係です。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR