fc2ブログ

かせき。

 今日も一日ごくろうさん、と    が沈んでいきます。非常階段から1枚。
     釜ヶ崎20240413
釜ヶ崎(西成)の旧あいりん総合センターのシャッター降りてから、もう何年経つのかな…と。ここだけ時間が止まったまま。前にすすむこともなく、後ろにさがることもなく。釜ヶ崎(西成)に、日雇い労働者の人たちがいっぱいいて、活気がふれていた時代の「化石」です。労働者の街であったことを知らない人たちが、この街で生活している。

 も釜ヶ崎年齢(2倍速)で今年80歳。もう化石かもしれません。

せんもんしょく。

 最近かかわったケースで、男性の保佐人さんがついているケースがいる。社会福祉士。少し前にも、保佐人さん(女性)がついたケースがいる。こちらも社会福祉士。

二人とも、社会福祉士の資格をもっているので専門職です。ただ、大きな違いがある。

何が違うか。ケースに対する向き合い方かな。

勉強して、知識を得ても、根本的な部分が大きく違うと支援する内容が大きくちがう。

うちの法人で後見人さんや保佐人さんついてるケース、現在5人、弁護士さん、社会福祉士さん、職種ありますが、大事な時は、 が連絡したら、二つ返事で「もちろん 行きますよ」と言ってくれる人たちだったので、それが当たり前と思ってました。

新しくかかわるようになったケースについている男性の社会福祉士さん、これから、ケースのためにできること、ちゃんと立ち止まって、これでいいのかなと悩んで、もっともっと考えて、一緒に動いてもらいたいと思ってます。社会福祉士会の力もかりながら。

そしてそれは、非専門職の  も、支援内容を考える機会になるし、残されたケースの時間を大切にできることだと思ってます。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR