fc2ブログ

ことしのなつは。。。

 今年の夏はいつもとちがう  … なんて書き方をしたら、
なんやねん(大阪弁)って思ってしまいますよね。

そんな、もったいぶった言い方をしていますが、
実は、うちのかかわっているケース、今年の夏はいつもとちがうんです。

何が?というと

釜ヶ崎(西成)では、毎年、お盆に、日雇労働者が仕事先からもどってくるということで、夏まつりを、三角公園で行っている。

最近、日雇労働者、 がこの街に最初に来た頃(1990年の暴動の頃)に比べ、無茶苦茶減りました。当時の、日雇労働者は、すでに年をとり、もし生きていたら、生活保護を受給している人たちがほとんどだと思います。そういううちのケースも、外出嫌がるのに、「夏まつり…」とヘルパーさんに連れて行ってほしいと頼みます。

話が少し脱線しましたが、その、夏まつり(今年は、第43回釜ヶ崎 夏まつり)、
8月12日(火:前夜祭)~8月15日(金)開催されるのですが、
超・超・超・ビックな人が来るので、大騒ぎになっています。

最終日の8月15日(金) 午後5時半から午後6時20分まで
加藤登紀子さん が、31年ぶりに三角公園のステージ で歌う。

うちのケースの一人は、31年前に来たとき、酔っぱらって握手してもらった。
今じゃ、そんな彼もアルコール依存症の治療をしっかりして、
いつもにこにこしながら、事務所に顔をだしてくれてます。

もう一人のケースも、アルコール依存症の治療をしながら、
自分の趣味である、オーケストラのコンサートのチケットを
うちの訪看スタッフの にとってもらって楽しんでいますが、
1週間前に「今日、来るんでしょ」って。いやいや、待ち遠しいけど、一週間早いから。
でも、整理券とかでるんちゃうの?

すごく楽しみにしています。

 自身、夏まつりには、ほとんど行きません。

理由は、夏まつりで、アルコール依存症の治療している人が
飲酒しているのをあまりにも多くみてしまうからです。
夏まつりであっても、病気だからアルコール飲んだらいけないと思っているので、
治療の話をせねばならず、それが仕事だと思っています。
ただ、この街は、「夏まつりなんだから、…」とアルコールに寛大であり、
なおかつ、アルコール依存症という病気の恐ろしさを知らない人たちが多すぎます。

それが、夏まつりに行かない理由です。

今年、金曜日だけど、ちょうどお盆で、午後から毎週行っている診療所がお休みなので、見に行くことはできるのですが、やはりやめておこうと思ってしまいます。

ただ、楽しみにしている二人には、アルコール入らない状態で楽しんでねと。
加藤登紀子さん来るの最後じゃないかな…ってケースもいってたけど、
楽しい思い出は、アルコールと関係なく、残っておいてほしいなと思います。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR