fc2ブログ

とーげい。

 今日は午前中、ケース(  )と二人で陶芸一日体験に行ってきました。
病院か買い物以外、家から出れなかったので、一緒にどっか行こうと誘って。

朝9時に天王寺駅で待ち合わせをしていたのですが、ま~人の多いこと。
休みの日の朝に、ターミナルにいるなんて…思い出せないくらい久しぶり。
ケースをみつけ、最寄駅から、えっちらほっちら、15分くらい歩いて到着。
 いわく、1か月分歩いちゃったよ…  ということは往復で2か月分)

今日は、私たち以外にも6人、計8人の体験者といつも来ている人たちがいました。
50代後半くらいのご夫婦、40代の女性二人のお友だち、40代のカップル。

早くいったので、先生から「何をつくるか考えておいてくださいね」と。
で、うちのケース、見本として置かれていたものをみて、これがいいなと。
先生の前でこんな感じのつくりたいと二人で話をしていたら、先生から
「これは難しいですよ。難しいからしたらダメってわけじゃないですけどね」と。
陶芸、口がおおきいお茶碗などよりも、背の丈が高い方が難しいと。

二人でふ~んと、話をきいてました。

いざ、作り方を先生が、さ~っと説明、手でまわす台の上にのせて、簡単そうに見えるけど…。二人ともやや不安。なおかつ、先生の話が、あまりにも、さ~っと流れていくので、頭の中も素通りしてさ~と流れていく。

いざ、やり始めるとなかなか難しい。

まず、台に粘土を固定するのは、こんな感じ?とか。恐る恐る が粘土を触っている横で、 は、さきさき進んでいきます。途中先生から、何度も、「あ~、…」、「薄くなりすぎ…」、「削りすぎ」、「力入れすぎ」、と怒涛のようなコメントを言われる言われる。
は「芸術は爆発だ!」ぽいキャラクターなので、非常に斬新で気鋭な作品を作ろうとしているのに、先生からはいろいろ言われて、若干ぐったり。

最後の方は、本当に壁に穴があきそうなので、粘土ベラを取り上げられてました。

そんな感じで、楽しいというよりは、先生と を横で見ながら、1か月後に着払いで焼いたものが届きます。完成品ができたら、またブログにアップします。

もう少し指導ぽくなくて、アーティスティックな感じで、自由がほしかった。

帰りの電車の中で二人とも 「金曜日の受診で」と 楽しかったけど疲れたね。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR