FC2ブログ

たいみんぐ。

 「今が介入のタイミングかな…」と悩むケースが最近いた。こういう風に思うことは、珍しいことではないんです。

精神新患や障がいを抱えていて、精神科受診が必要な場合、精神科再治療が必要な場合、「今が…」と思うことがあります。

また、西成(釜ヶ崎)という地域の特性、野宿している人たちがいて、野宿している状態から、早く、屋根のある、食事が摂れる環境に…と思うことあるんですけど、毎回、「今が介入のタイミングかな…」と思ってしまいます。

うまく治療できて落ち着いた生活を送れるケースもいれば、うまくいかず、地域で生活を送る中で、本人も周りも困っているケースもあります。

「どこで、『今がタイミングだ!』とわかるんですか」ってきかれることがありますが、勘=経験を重ねる以外ないんです。もちろん、精神科の先生と相談しながら、押したり引いたりして。

内科や外科と少し違って、精神科の治療の介入、再介入のむずかしさを痛感します。【タイミング】か…。今年度の助成金の報告書を書きながら、振り返っています。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR