fc2ブログ

それぞれのやくわり。

 以前のブログ「いまできること。」で書いた、癌治療中のケース、いろんなことがあります。内科的にも精神科的にも、しんどくなることいっぱい。

今回は、前回の抗がん剤の時に起きた副作用(食事摂れない)とか(動けない)はなかった。主治医にきくと、抗がん剤の量を少し減らしたからと。ただ、何が原因かわからないけど、口渇が強く水分をとるため、パンパン。最初は足首、数日でふくらはぎ、1週間もしないで腰まで。内科主治医と相談。採血の結果からはそこまで悪くなる要素はなく、少し栄養状態が悪いくらい。軽い利尿剤を朝処方。服薬開始。3日間くらい体重減らないが、夜間帯の排尿の回数は増え、何度もトイレで夜が眠れないとイライラ。

その状態で精神科受診。サングラスをかけ、イライラしながら大きな声で「眠れないから薬かえてくれ!!!」と。精神科医からは、内科と相談してほしいと、内科受診日までの日数、変更した処方の安定剤のみ処方。次回予約はなかった。

それから4日後の内科受診日には、体にたまっていた水分が出て、夜間トイレの回数も減っていた。体重にして10キロ減。

精神科での受診の内容を内科主治医に伝えた。内科主治医から本人に「精神科のことは僕わからないから、予約入れるから、ちゃんと相談しなあかんで」とさとすように声を。「今の抗がん剤は終わり。来週検査入っているから、その結果がわかる頃に予約入れるから。今の状態を説明して、今後の治療どうするかみんなで相談しよう」と。

ケースのまわりにいるみんなには、それぞれの役割があると思います。立ち止まり、自分の役割担えているか、 自分に問い直す。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR