fc2ブログ

しん・しゃかいじん。

 明日から4月1日。新年度スタートです。毎日仕事をしている  の生活は通常業務。ただ、今年は違うことが1つ。新社会人になる  が1匹。職場は、うちではなくて、お世話になっている社会資源で。

 働き出した時は、大学でホームレス調査してて横滑りだったので、面接もなし、職場にはすでに知っている人がいたので、新鮮味も全くなく。それでも24年前の新人時代を思い出すと、や~、頭使わないで体力勝負で仕事してました。今も同じ?と突っ込まないで。。。もちろん「緊張」という言葉とは無縁の  職場で最初からマイペース。「どこに行ってんねん」と、出たら何時間ももどらない  に  (上司)は怒ってました。それでもこたえず、出た切りすずめ。糸の切れた凧とも言われてたかな。

働き出したの11月で、毎日薬取りに来ている人が来ないから部屋見に行ってと。訪問したら部屋で亡くなってて、亡くなった時の警察対応を先輩からおしえてもらった。3人いてて、2人目からは対応。地域で人とかかわる仕事ってこういうことなんだと。毎日はじめてのことがいっぱいで、楽しく疲れてました。ケースのことは考えていたと思うし、どうしたらいいんやろうと悩んで、まわりにいた人たちに相談もしてたけど、余裕がなくて  自分自身のことはあんまり考えていなかったうような気がします。

 も含む最近の若者たちは、話をしてて、頭で考えすぎたり、人からの評価を気にしすぎて大変だなと思ってます。また、「仕事のやりがい」とか「モチベーション」とか思うようですが、まだ働いてないから、そんなんわからなくて当たり前。きっと、新人時代は忙しくて、考える余裕ないから大丈夫。

若さは体力勝負と信じて、身体を動かして、善悪の判断をせず吸収できるものすべて吸収してください。吸収したものが、想定してない場面で役にたちますから。そして、人間相手の仕事をこれからするということは、「やりがい」や「モチベーション」は、自分自身の中にあるのではなく、相手がいて、相手との相互作用の中でしか生まれてこない、かな。長くこの仕事続けたら、気づくこといっぱいあるので大丈夫。

これが、ちゃらんぽらんですけど、長く社会人生活をしている  から新社会人  へのエールです。ようこそ、現場(社会)へ。これからは、同じ立場で働き人ですね。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR