FC2ブログ

なつかしい。

 週末みんなが帰ったあと事務所に籠って、たまった事務仕事をぼちぼちしてます。なかなか平日できなくて。寝る前の薬を持っていかないといけない人たちが、うちの事務所の上に3人いて、そこの配薬が終わるまでは、帰るわけにもいかないし。ただ、眠い。以前はもう少し体力あったんですが、白髪が一気に増えるとともに、体力もダウン。なので、起きとくためにも、ラジオを結構な音量でながしております。

さっき、配薬に行く前、8時半ごろに、ラジオから懐かしい曲が流れてきました。

Paul McCartney(ポール・マッカートニー)≪NO MORE LONELY NIGHTS≫って曲。結構有名な曲。1985年の頃、中学生になって洋物にかぶれ出した頃にも聞いたし、10年くらい前にも車の中で何度もきいたのを思い出しました。

なつかしい。10年前と想いは変わらない自分がいる。

寝る前の薬も配ったし、雨も降っているので、仕事をやめて、 ほっこりした  気持ちを持って、今日は家に帰ろうと思います。

おみまいに。

 コロナ禍、みなさんいかがお過ごしですか。コロナの影響でいろいろかかっていた制限が解除されていますが、医療の現場、介護の現場は、まだまだ制限いっぱいです。長時間の受診同行ができないとか、お見舞いに行けないとか、グループホームに入っているケースの顔を見に行けないとか。人が動くと感染のリスクをあげてしまうので、それは当然のことだと思ってます。今までしていたことができなくなり、その分、かかわってもらっているところに負担をかけていることも、重々承知、申し訳ないと思っています。

そんな中、お見舞い、少しの時間ならいいよと言ってくれている病院があります。

うちのケース(訪看サービス入っている人もそうでない人も)の多くの主治医になってくれている精神科の先生がいる、精神科の病院。6月1日からお見舞いの制限が少し緩和されるよ、って聞いてはいたのですが、家族でもないし、後見人でもないので、お見舞いは難しいかなと思っていたら、病棟の看護師さんから連絡をもらい、「1週間に一回で短時間ですけど、お見舞いに来てもらって大丈夫ですよ」と。ありがたい。さっそくお見舞いに行きました。

ケースの顔をみて、ほっとして。入院したときよりも良くなっている姿をみて、よかったと思って、主治医や病院のスタッフに感謝して。話ゆっくりできないですけど、お互いの顔をみて、「みんな心配してる」「元気になって帰っておいでよ、みんな待ってるから」って伝えて、  涙目  になっているケースの肩をぽんぽんして。

病院の方々の配慮に、あらためて感謝する一日でした。

うらに。

 昨日の晩8時まわってから、事務所から離れた大阪府下の救急隊から携帯電話に連絡があった。

ご飯を食べてて具合が悪くなり、救急車を呼ばれた人が私の名刺を持っている。その名刺には、「脳梗塞の後遺症で話をすることができないので、困っているようなら連絡ください」と裏に書いてあると。そんな名刺、何人も持ってないので、すぐ誰かわららないといけないんですが、事務所から電車に乗って40分くらいかかる場所での体調不良、まさかと思いながら、悩んで。そのあと、店のおかみさんが「○○ちゃん」と名前の一部を話していると救急隊からきいて、「あ!」って気付いて。救急隊には、今日は行けないけど、明日行きたいから搬送先の病院にも私のこと伝えてと。その後、21時まわって、搬送された病院からも連絡をもらいました。

翌日の今日、病院まで行ったのですが、コロナなのでお見舞いできませんと言われ、一回も顔をみてないので、ほんとに、そのケースかどうか不安になり、脳梗塞で倒れたあとに事務所で撮った写真があったので、看護師さんにみてもらったら、「この人!」と。2度目の脳梗塞ですが、以前の様子を伝えると、幸い、今回の脳梗塞で新たな後遺症はないでしょうと。1週間もすれば退院できますよと言ってもらいました。

それにしても、脳梗塞、外で発作を起こして、救急車を呼んでくれる店のおかみさんがいて、本人確認するもの何も持ってなかったけど、お金と名刺の入ったお財布を持っていて。「奇跡」にちかいよなと思いながら、ケースの運の強さを感じます。

反省材料として、私の名刺に、「この人は××さんです。脳梗塞の後遺症で発語ができません。困っていたら連絡ください」と苗字を入れないといけないなと思いました。

いちにち いちにち。

 この前、76歳の誕生日を迎えることができたケースがいました。
昔はお酒飲んで、タバコいっぱい吸って、にっかぽっか着て、地下足袋で、ねじり鉢巻き、硬派だったんですけど、実は、ちょ~甘い物好きで。。。
お誕生日を祝おうとイチゴのショートケーキを購入      
  IMG_2765.jpg  IMG_2765.jpg  IMG_2765.jpg
で豪快に食べてもらっています。ただ、誕生日のローソクはなしなんです。それは、在宅酸素してるので、火気は厳禁。昔は酸素しながらタバコを吸われてましたけど 
      誕生日ケーキとカニューラ
誕生日の1週間くらい前から、内科的に少し調子が悪くなって、少しもちなおしたかなって思ったら、精神症状が出たりで、アップダウンありましたけど、76歳のお誕生日を迎えることができました。
ケーキ食べてるときも、ヒュー音が出たり、酸素濃度が少し下がったりですが、「みんなのおかげや」と美味しいケーキを食べてご満悦。晩、最後、部屋に22時にお邪魔したときも、「今日はありがとうな」と話をしてました。
これからの1年、1日1日が非常に大切な一日になっていきます。

いっしょにきづく。

 がんばっとると書いたケースの続きがあって。。。

作業所でがんばって、住んでいるアパートの除菌のお仕事も手伝って、一生懸命やってくれてたのですが、実は、この時期、やっているゲームセンター(もちろん、三密です)に週2回も行ってたことが発覚。

本人には、仕事だけ、みんなから見えてるところだけを頑張っても、仕事は続けられないよと。生活の基盤があってこそ。コロナの中で、自分の生活を振り返り、見直していかないとと。永遠にゲームセンターに行ってはいけないとは思わないけど、自分のこと、まわりのことを考えるのなら、しんぼうすることも考えないと。いろんな場面で考えることが、これからの自分に返ってくるからねと。

課題がみつかったときに、一緒に気づいていけたらと思います。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR