FC2ブログ

こんなかんじ。

 6月末頃締め切りの原稿を、只今書いています。書いてると言っても、まだ一文字もかけてないんです。
自分がやってきた約20年の業務(生活支援と相談)を書こうと思っているのですが、それがきっと釜ヶ崎の移り変わりを説明できるかなと思って、整理して、ノートにいっぱいメモ書いて、西成特区とか西成街づくりの提言などをよみ、怒りのパワーをアップさせて、意識集中して、目次が  ひらめく  のをまっているんですが、今回はいつも以上に時間がかかっています。

考えてる → ダメだなひらめかない → あ~どうしよう 

 なやむ①  なやむ②  なやむ③

表現すると、こんな感じですかね。

閃かないと知り合いと話をしていたら、どこのえらい執筆家の先生やねん、締切もう来るでと言われました。
シンプルにわかりやすい文章が書けますように、と誰に祈ろう、悪魔にでも祈りましょうかね。

ことしもありがとう。

 昨日は人間でいうところの48回目の誕生日でした。

hipbirth.png

自分の誕生日は、一緒に仕事をしているスタッフ、お世話になっている社会資源、かかわっているケースに対する感謝の日です。

来年も今年のように楽しく仕事ができるように、みなさん、ありがとうございます。

お誕生日のかばの絵をかいてくれた、スタッフのお嬢さんにも、ありがとう。

どうなっちゃうんだろう。

 最近、この先、どうなっちゃうんだろうっていうネットニュースが多い。

「看取り」施設頓挫 とか 大津の病院救急医一斉退職 とか

「看取り」施設の運営事業体、訪問看護ステーションですが、その人たちの書いた本、数年前、≪絶対マネできない、すごいことしているな~≫と  読みました。

誰かにとって幸せな結末だったんですかね。

当事者ではないですが、どうすればいいのか、わからないぐるぐるまわる、迷路の中にいる感じを受けます。

自分が年齢を重ねていくなかで、これからどうなっちゃんだろうって思います。

つくった!!!

 うちでかかわっている、中度の知的障がいを抱えたお爺ちゃん、家族的なディサービスに行ってるのですが、つくった  !!! と言って持ってきてくれました。
かば(昭和館) かば(昭和館)

 おっ! かばじゃんって言ったら、ケースが「なんで かばなの?」というので、うちの事務所の、印が「かば」なのと説明をすると、そうなんだ~と。
事務所に入って正面の時計の横にぶら下げて、みんなの見えるところに置かせてもらってます。

いどうはんい。

 うちの訪看の移動手段を、スタッフのお嬢ちゃんが書いてくれました。やっぱり、バランスも含めて、いい感じの絵です。

   ひぽちゃーりー

基本、人力(=大阪弁でいうところの「ちゃりんこ      」で移動できる範囲での利用者さんをかかえています。自転車で15分圏内と、狭い範囲で、何かあったらすぐ動ける距離で仕事をしております。

すぐ行ける距離って大事だな~ と思う今日この頃。
プロフィール

困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

Author:困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR